主婦でもキャッシングの利用はできます。

主婦でもキャッシングの利用はできます。

主婦の人がキャッシングを利用する時に、まず考える事は審査が通るかどうかです。

主婦と言っても収入のない専業主婦の場合は、消費者金融の審査には通りません。
しかし、パート・アルバイトなどをして低収入でもよいので、定期的な収入があれば審査に通ります。
時間があるなら働いていた方が、イザという時に消費者金融が使えて助かるかもしれません。

では無収入の専業主婦は、どうしても借りられないのかと言うとそうでもありません。自分は無収入でも配偶者に定期的な安定収入があれば、借りることは出来ます。
 
しかし、この制度は各消費者金融が運用に消極的で、ほとんど宣伝もしてませんし、利用者側からそれで申し込んでも、審査に通る事はまずありません。

なので、銀行カードローンを利用するのです。銀行カードローンは無収入の主婦は利用できない、とはっきり書かれているところもありますが、逆に配偶者に定期的な収入があればOKと書かれているところも多いです。
 
配偶者の信用で借りるわけですから、配偶者に黙って借りることは出来ません。「夫に内緒で借金をしました……」的な体験談を聞くこともありますが、無収入の主婦が銀行カードローンで、内緒で借りることは出来ません。

しかし、配偶者の収入証明、同意書を必要としない銀行もありますから、同意が得られない場合はそういった銀行を利用すれば良いでしょう。
内緒で借り入れしたければ、はやりパート等で収入を得て自分の信用で借りるのが一番簡単で手っ取り早いです。

自分名義の借金ならネット申し込みで、郵送物も電話も無く融資は自分の口座への振り込みなので、銀行にお金を下ろしに行くのと同じ感覚で利用できます。
問題なく利用していれば夫にバレることはまずないでしょう。

家庭の借金なので2人で相談して借りるのが一番だと思いますが、人それぞれ事情もあるでしょうから、内緒にしたいと考えることも理解は出来ます。

専業主婦であってもキャッシングは出来るという結論なので、いかに賢く使うかということが重要になってきます。
無収入の専業主婦は問題解決能力が低いので結局、配偶者に頼る事になります。内緒で借りるなら、最後まで問題が起こらないように責任を持って利用しましょう。