総量規制に達していても新たな融資が受けられる?

総量規制に達していても新たな融資が受けられる?

現在の貸金業法では、消費者金融や信販系のカード会社からのキャッシングの合計額が年収のおおよそ1/3に達してしまうと、新たな融資を受けることができません。

これを「総量規制」と言いますが、どうしてもあと少しだけお金が足りない… といった場合に利用できるのが、銀行のカードローンです。

要は銀行からのキャッシングですが、消費者金融やカード会社からのキャッシングと区別する為、カードローンという呼び方が一般的です。

区別されるのは、銀行からの融資は総量規制の対象外だからです。

総量規制までキャッシングをしていても、銀行からであれば新たな融資を受けられる可能性があります。金利も消費者金融やカード会社より低く設定されていることが多いです。

審査は銀行なので、一般的な消費者金融やカード会社よりもやや厳しいですが、その銀行に長く口座を持っている場合、優遇されることがあります。

また、その口座が給与など主となる収入の振込口座であった場合、かなり優遇してくれると思います。

キャッシングを利用している方は、返済用にほとんどの場合、銀行の口座を持っていると思います。

総量規制に達してしまったがもう少し融資が必要… といった人は、まずその銀行にカードローンの相談をしてみてください。