総量規制対象外のキャッシングとは

総量規制対象外のキャッシングとは

消費者金融や信販系キャッシングを利用する際、制限がかかるのが総量規制です。

賃金業法という法律で年収の3分の1以上の融資はできないと決められていて、これが総量規制に当たります。

つまり、年収300万円の人は100万円までしか借りられませんし、複数の業者からキャッシングするなら、合計の借入額が100万円までしか受け付けてもらえません。

キャッシングできる制限額に引っかからないのが総量規制対象外のキャッシングです。

銀行キャッシングは賃金業法には当てはまらず、銀行法というまた別の法律に乗っ取って融資などを行っています。

そのため、年収の3分の1以上でもキャッシングできて、まとまったお金が必要になって融資を受けたい場合には便利です。