キャッシング・カードローンとうまく付き合っていくコツ

キャッシング・カードローンとうまく付き合っていくコツ

以前の職場をやめて、30歳で転職しました。以前と違い、歩合制で前職より収入が下がりましたが、生活水準を落とすことが出来ず、生活費を借りたのが始まりでした。

歩合制だったこともあり、返せる月もあったんですが、収入が少ない月はまた借りてを繰り返していました。

そんな時に結婚する事になり、結婚式の費用もキャッシングやカードローンで借り入れしました。

いつでもしんどい時に借りれるので、助かりました。毎月きっちり返済をすることで限度額も増えるので、よかったと思います。

しかしながら当然キャッシングすると利息がつきます。毎月返済したとしても、返せる金額が少なければ額面がなかなか減らないので、ずっと減っては借り、借りては返すを繰り返すことになるので、額面をみるたびに重い気持ちになります。

生活をよくしようと思って借りていても所詮は借金なので、考えて使用しないと利息で首をしめるかたちになるので、しんどかったです。

自身の返済能力を客観的に判断してから借りることをお勧めします。そこさえきっちりしていれば、大丈夫です。借金を返すために借金をすることだけは絶対にやめて下さい。

キャッシングもカードローンもうまく利用すれば、何も問題ないと思います。