キャッシングで大失敗をした私が言える、返済計画の大事さ。

キャッシングで大失敗をした私が言える、返済計画の大事さ。

クレジットカードの引き落としがあり、お給料から引き落とし分を差し引いたら現金が足りなかった際にキャッシングを利用したのが一番最初です。

金券を換金したり、物を売ったりしましたが、それでも足りずキャッシングを利用しました。

電車の広告やテレビCMで気軽にできる印象があったので、あまり深くは考えずインターネットより申し込みをしました。

その後、電話とメールのやりとりだけで簡単にできた記憶があります。

すぐに現金が手元に入る点に関してはとても助かりました。

仕事上の経費精算やクレジットが使えないお店の利用等、どうしても現金が必要なタイミングだったので、必要な分だけ現金げ手元にくるのはとてもありがたかったです。

ただ、困った点は使いすぎてしまうという点です。

最初は少額に設定していても、私の利用していた会社から、電話で「上限をあげる事ができますよ」と増額を勧められました。

「どうせあとで返せばいいや」と思い、安易に増額をしてしまいました。

しかし、今では返済に追われる日々です。

増額してしまった事、そもそも利用した事を後悔しています。

計画的に利用する事です。

何かを成し遂げる為に現金が必要な場合もあると思います。

その際は「いつまでに、どのくらいの金額ずつで、返済するか」とうように、具体的な返済プランも考えた上で利用した方がいいと思います。

もちろん、「遊びたいから」という安易な理由での利用はオススメしません。